30歳の転職のコツがわかる!転職活動徹底ナビ

「退社と退職」何が違う?

   

履歴書に書く時は「退社」?「退職」?

 同じ仕事を辞めるという表現であっても、退社と退職、二つの言葉があります。この2つにはどんな違いがあるのでしょうか。

 一般的な辞書で調べた場合、退職と言うのは務めている職場をやめることで、退社と言うのは社員がその会社をやめることというふうに書かれています。

 つまりは、意味合い的にはどちらも同じなので、どちらを使っても問題はないということです。

 しかし退社には、その日の仕事が終わって、職場から帰るという意味も含まれています。ですからそういった点を考えると、退職の方が分りやすさはあるのかも知れません。
 

職種によっては「退社」は使えない

 一般的には退社でも退職でもどちらでもいい、というのが今の流れですが、「退社」という表現が当てはまらない職業もあります。

 それは「会社」という組織ではなく「組合」と呼ばれる組織の中で働く方たちです。公務員の方などもその条件に当てはまりますね。

 会社を退くということで退社という表現を取っているので、会社を辞めるわけではない方たちにとっては退職という言葉の方が適切なのです。

 書類選考や面接時にはそこまで気にされることもないかも知れませんが、念のため、このあたりの違いにも気を配っておきましょう。

 - 退職・入社の流れと手続き

  関連記事

30代の転職と退職時の有給消化

転職前に有給消化を認めてもらうことはできるのか  30代の転職は、本人にとっても …

転職は失敗だったと思った時、再び転職を考える前に考えたいこと

「思い違いだ」と思い込む  転職したにもかかわらず、「これは失敗だった」と思って …

no image
中途入社で気を付けたいポイントを知ろう

入社までにやっておくべきこと  中途入社の場合、同時期に入社される方の人数にもよ …

no image
トラブルを起こさないためにやっておきたいこと

何がいつまでに必要なのか、スケジュールを立てよう  退職するにあたって、保険など …