30歳の転職のコツがわかる!転職活動徹底ナビ

面接官は履歴書のココを見ている!

   

空欄は絶対に作らない

 誤字脱字がないこと、手書きなら修正液などでの修正がないこと、パソコンでの作成なら体裁が綺麗に整っていることなど、基本的には常識的に書かれているかどうかが1つ目の見られるポイントになります。

 ただこれはあくまでも、基本ライン。このポイントが押さえられて、初めて採用のための舞台に上がったと考えましょう。本当に大切なのはこの先です。

 意外と転職希望者の方が見落としがちなのが、履歴書の「空欄」だと言われています。

 希望時間帯や職種など、求人情報の時点で1つしか選べない場合、空欄のままの方もいるようですが、そこもきちんと埋めておくことが大切です。

 確かに自分が面接官であった場合、きちんとすべてに記入してある方のほうが丁寧な印象を受けますよね。
 

志望動機は具体的に書こう

 履歴書の中で、書類選考や採用に直結する部分が「志望動機」です。

 この人と面接してみたい!この人と働いてみたい!そう思われるような志望動機を書くことで、内定の確率をグンと上げることができます。

 自分はこういったことをしてきたから、この会社のこんな部分で役に立てると思った、と言うようにとにかく相手が納得する動機を書くことが重要になるのです。

 あまりにも内容が薄いと「他の企業の履歴書にも書いているんじゃないか?」と思われてしまうことも考えられます。

 できるだけ具体的に、そして面接でさらにその肉づけをするという流れでイメージして書くようにしましょう。
 

 

 - 履歴書の作成ポイント

  関連記事

no image
内定を勝ち取る「履歴書」を書こう!

無難なだけでは印象に残らない  履歴書というのはきちんと書こうとするあまり、どう …

no image
職務経歴書は怖くない!悩んだ時の解決法とは?

職務経歴書の書き方を知る  職務経歴書は履歴書よりも馴染のないものだったりもしま …