30歳の転職のコツがわかる!転職活動徹底ナビ

面接時の質問で印象を良くすることもできる?!

   

前職の経験は活かせるか

 面接で自ら質問することは、その内容次第でポイントを稼ぐことも可能です。もちろん、自分が知りたいことを質問し確認するのが目的ではありますが、同時にポイントを稼ぐことができると考えられる質問を幾つかピックアップしてみましょう。

 転職者の強みは、前職で経験を積んでいること。30代は若さと経験のバランスが絶妙ですから、面接ではそのどちらもアピールしておきたいところ。
 前職の経験をどれだけ面接を受けている企業で活かすことができるのか、それを面接官に訊ねてみましょう。

 応募し面接を受けていることが的外れではないかを確認できますし、経験をアピールすることにも繋がるのでポイントアップの可能性も秘めた質問となるはずです。

転職者に最も求めるモノ

 面接官や企業そのものが、転職者に最も求めるモノは何か、これも確認しておきたいことのひとつ。

 もしそれが自分に備わっていればアピールになりますし、もし備わっていなければ自分に足りないものと捉えることができるので、成長の余地を見つけることができるでしょう。

 また、転職者に最も求めるモノを聞き出すことで、企業がどういった考え方の元で動いているのかも把握できることがあります。
 例えその企業では採用に至らなかったとしても、その業種や職種では活かせるような答えが返ってくるはずですから、確認できるようであれば聞いておくべきでしょう。

企業理念の実際のところ

 企業理念は何ですか、という質問はNGです。調べればわかることなので、印象を悪くする質問にしかならないでしょう。
 しかし、企業理念を知っていると告げた上で、では実際のところはどうなのか、と聞くと、面接官は少し考えてしまうかもしれません。

 この質問の意図は、面接官に敢えて自社の評価をさせることで、その理念が浸透しているかどうか、あるいは形式的なものとなってしまっていないかを確認することができ、それによって企業全体の体質や雰囲気、方向性を見出すことができる点にあります。

 即座に適切な答えが返ってくるようであれば、企業として一本筋が通っていると言えるのかもしれません。その企業の一員となる価値も見出しやすくなるでしょう。

【おすすめ関連記事】
最後まで気を抜かない!綺麗に面接をまとめよう
第一印象で面接を有利に運ぶ!
逆質問の時間を効率的に使うポイントとは?

 - 面接の準備と対策

  関連記事

no image
最後まで気を抜かない!綺麗に面接をまとめよう

退室にもルールがある!?  面接も終わりホッと一息。後は帰るだけ、と思いがちです …

no image
逆質問の時間を効率的に使うポイントとは?

自分の熱意をアピール!  逆質問の内容を上手く考えることで、自分の熱意をアピール …

no image
第一印象で面接を有利に運ぶ!

数秒で印象が決まる!?服装が大切な理由とは  人は初対面の数秒で印象が決まると言 …