30歳の転職のコツがわかる!転職活動徹底ナビ

30代の転職と退職時の有給消化

   

転職前に有給消化を認めてもらうことはできるのか

 30代の転職は、本人にとっても、その後のキャリアにつながる大きな決断です。中堅社員としてがむしゃらに仕事をしてきた30代であれば、転職前に消化していない有給休暇をとって、リフレッシュしたいという気持ちはわかります。

 労働基準法第39条では、有給休暇を申請しようとする社員が、全労働期間の80%以上、出勤している際には、会社は拒否できないと定められています。また、産前産後休暇や育児休業も、働くことを前提として認められている休暇ですので、出勤したものとみなされます。

 自分が条件を満たしているのであれば、休みをとる時期が退職前であっても問題はありません。退職の申し出をする際に、退職前に有給休暇を申請したい旨を、きちんと伝えるようにしましょう。

有給を認めてもらうには

 とはいえ、有給休暇を認めてもらうためには、あなたの配慮も必要です。まず、有給消化に入る前に、自分が担当する仕事はずべて終わっておくこと、そして引き継ぎも完了することです。30代の中堅社員の場合、後任人事のために採用活動が必要になることがありますし、引き継ぎ期間を考慮せず、就業規則通りに退職の申し出をして、いきなり有給消化に入るのは不可能です。

 企業には、業務に支障をきたさないように、社員の有給の連続日数に制限をかけることのできる「時季変更権」があります。退職にあたって済ませるべき仕事が終わっていなければ、この「時季変更権」を行使されることがあり、あなたはそれを拒否することはできないのです。

 その点も考慮して、退職前に有給休暇を取りたい場合は、その日数も考慮したうえで、早めに退職の申し出をするようにしましょう。

 - 退職・入社の流れと手続き

  関連記事

no image
トラブルを起こさないためにやっておきたいこと

何がいつまでに必要なのか、スケジュールを立てよう  退職するにあたって、保険など …

no image
「退社と退職」何が違う?

履歴書に書く時は「退社」?「退職」?  同じ仕事を辞めるという表現であっても、退 …

no image
中途入社で気を付けたいポイントを知ろう

入社までにやっておくべきこと  中途入社の場合、同時期に入社される方の人数にもよ …

転職は失敗だったと思った時、再び転職を考える前に考えたいこと

「思い違いだ」と思い込む  転職したにもかかわらず、「これは失敗だった」と思って …